クレジットカードの現金化をしたいということでも、実際は現金化をすることはできません。正確に言うと、クレジットカードショッピングの現金化ということになります。クレジットカードには、商品やサービスなどの購入をして支払いをつけにするショッピング機能と、それぞれがもつ限度額が決められています。

クレジットカードの現金化はショッピングの利用可能になっている枠を換金目的で使うことになるのです。これにはそれぞれに限度額が設定されています。現金化はしてはいけないものなのですが、違法というわけではありません。カード会社の利用規約でしるされているもので、禁止されていますしカードを作るときにこの規約に同意していることになっていますので、忘れてしまっていたなどといったことは理由にはなりません。

消費者庁のホームページによれば、このクレジットカードの現金化には2つのパターンがあるとしるされています。このどちらのパターンにおいても、手数料がかなり高額になってしまいますし実際には、お金が振り込まれなかったというケースもありますので、こうしたことは必ずトラブルになってしまうと考えた方がいいと思います。

一つには、キャッシュバック方式というものがあります。消費者がいろいろある業者のホームぺージを通して、そこでクレジットカードの現金化を申し込むのです。そして会社がわから指定された商品を買うことになります。そのあとで、マージンとして差し引いた金額をキャッシュバックとして銀行にある口座に振り込まれます(関連記事→クレジット現金化 即日)。

二つ目に、買い取り屋方式です。これは業者が指定して販売する商品をクレジットカードで購入します。そしてそれを同じ業者がマージンを差し引いた金額で買い取りをすることで、現金が手に入るという形になります。このような方法がありますが、結果的にはクレジットカードを現金化することはあまりお勧めしません。

その理由には、クレジットカードの現金化ではあまり良い結果を出すことができないという場合が多いからです。現金化することに対して求められることは、住所や氏名、年齢や悪質なものになるとクレジットカードのコピーまで要求してくる業者もいます。これではいつ個人情報が流出してしまうかわかりませんし、怖いものです。

個人情報をあからさまに提示してしまうことは、大変危険なことですのでクレジットカードの現金化はなるべく行わない方が良いということになります。必ずトラブルがあって、スムーズにいくことなどないということを頭に入れておきましょう。