健康効果が広く世間でも知られており健康食品の代名詞となっていると言っても過言ではないのが青汁になります。ちなみに、体の健康を保つためには腸内の環境を整える必要があるということが最近言われるようになりました。実は健康食品の代表格でもある青汁にはこの腸内環境をしっかりと整えるという効果も当然備わっています。今回はこの青汁の腸内環境改善効果について紹介していきたいと思います。

青汁に腸内環境改善効果がある理由としては食物繊維が豊富に含まれているということを挙げることが出来ます。食物繊維が働くことによって、腸内環境を改善してくれる効果があります。具体的には便のかさが増す、腸の蠕動運動と呼ばれる運動が活発化するために便意を催しやすくなる、腸内に存在する悪玉菌の数を減らすことが出来るといった効果を発揮することになります。この食物繊維には実は2つの種類があります。それが水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維というものになります。

この水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維については「1:2」の割合で取ることが求められています。しかし、やはり摂取量が多く求められる分不水溶性食物繊維の方が不足しがちになります。このような不水溶性食物繊維が不足することにより、便秘といったような腸内環境の悪化によるトラブルが発生してきます。

しかし、この不水溶性食物繊維については青汁には非常に豊富にふくまれています。1杯の青汁を飲むだけで、1日に必要な不水溶性食物繊維の全てを摂取する事が出来ます。したがって、青汁を1杯飲むだけで食物繊維の不足については心配なくなります。

また、併せて海藻類などの水溶性食物繊維を多く含むものも食事に取り入れていくと、より便秘などの解消には効果が上がります。水溶性食物繊維に関しては青汁の不水溶性食物繊維が悪玉菌を減らすといったような効果を持っていたのに対して、善玉菌を増やすといった効果をもっているのが特徴になります。また、加えて腸の粘膜を守る効果も持っています。このように水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維の2つが密接に連携することにより、腸内環境の改善を実現する事が可能になります。

さて、上記の文章では青汁が持っている腸内環境改善効果について触れてきました。上記のような効果が期待出来るため、青汁を飲み続けていると自然に腸内環境が改善され便秘の症状などもおさまってきます。便秘で悩んでいる人はぜひ積極的に摂取していくようにしましょう。