電話占いを利用する前に

電話占いを利用するときには、事前に準備しておくべきことがあります。それは、悩み、相談したいことの整理です。電話占いを利用しようという人は、おそらく深刻な悩みを抱えているのではないかと思います。それに対して、悲しいとか、不安だとか、腹が立つとか、色々の感情を抱いていることでしょう。しかしその感情は、いったん排除して、物事を整理しないとダメです。

極度の悲しみに暮れている人、あるいは腹を立てている人が、何があってそのような感情を抱いたのかを説明したとき、それは第三者にとっては非常にわかりにくい説明であるということが少なくないのです。強い感情によって視野が狭められ、自分が何に対して悲しんだり怒ったりしているか、その核の部分しか見えなくなってしまっているんですね。そのため、その核のまわりにある、付帯的な、けれど重要なことを、無意識のうちに端折って説明してしまうのです。

占い師に占いの精確さを求めるのであれば、こちらも正確な情報を与えなくてはいけません。極端な話、あなたが同性愛者で、同性との恋に悩んでいるのに、同性愛者であるということを告げなければ、占いの結果は誤ったものとなりかねません。自分が今悩んでいることを正確に、余すところなく伝えるためにも電話占いを利用する前に、何を言うべきかを整理して、もし必要であれば紙に書いておいたほうがよいでしょう。

みなさんも、どんなに悲しんでいるのであれ、怒っているのであれ、できることなら占いの料金は安いほうがよいのではないかと思います。自分の悩みを正確に伝えることは、占い師の判断をより精確なものとすると同時に、料金を安く済ませるという意味でも、非常に重要なことなのです。

占い師の得意分野を見る

それともうひとつ、どの占い師に相談をするのかを決めるときに、その占い師の得意分野を見ることも重要です。占い師にも得手不得手はあります。仕事関連に強いという人もいれば、恋愛に強いという人もいます。あるいは○○専門といった、他の分野には手を出さない占い師もいるかもしれません。専門外のことを相談しても、断られてしまったり、あるいはまともなアドバイスがもらえなかったりしますので、その占い師の人気や実績だけでなく、得意分野にも注目して、誰に占ってもらうかを決めるようにしてくださいね。

自分の考えをまとめ、占い師を決めれば、電話占いの準備は完了です。最初は緊張するでしょうが、占い師はそういう人と何度もしゃべってきたベテランですから、優しくリードしてくれるはず。勇気をもって電話をかけてみてください。